USBだけに重要データを残すのは危険ですよ〰!


USBは、書き換え回数(寿命)が決まっており、長く使っていると突然読み込めなくなったりします。
結構知らずに仕事で使用されていたりする方が多いと思いますが、とても危険なので、
データは、重要なデータをUSBの中だけに保存するのはやめましょう。
ある日突然大事なデータをUSBだけに保存していて、「USBが認識できない」、
「フォーマットしますか?の表示が出る」などがでて、
データが取り出せないというお客様が多数の方がいらっしゃいました。

なので、大事なデータは外付けHDDやNASサーバ、クラウドに保存しておくなど対策が非常に重要です。

普段からUSBメモリに保存されている方は、外付けHDDがおすすめです。

弊社では、一定の時間毎に自動的に重要データを外付けに保存したり、NASサーバに保存するという
システムも構築できますので、一度ご相談ください。