サポート詐欺が横行しているので、注意しましょう!


2016年から横行しているサポート詐欺なのですが、
最近また、多くなってきています。
セキュリティ対策をしっかりとしましょう!
もし不安な方は、見慣れない画面がでたらすぐに周りの詳しい方や
私達にご相談ください。

以下引用

トレンドマイクロは10月31日、公式ブログで「不安をあおって電話でだます
『サポート詐欺』の手口を追う」と題する記事を公開しました。

「サポート詐欺」(Tech Support Scam:テクサポ詐欺)とは、
ブラウザ上で「ウイルス感染」「システム異常」といったメッセージと
サポート電話番号を表示し、不安になった利用者に問い合わせさせる、
という手口です。海外では2012年頃から発生していましたが、
2015年頃より日本にも本格流入し、今年に入ってからも増加傾向を
見せています。トレンドマイクロの記事は、これら「サポート詐欺」の
パターンを紹介しています。


「サポート詐欺」は、不正広告などに誘導され、
「サポート詐欺」サイトにアクセスしてしまうことからスタートします。
ここでサポート詐欺サイトは、何の問題も起きていないのに、「ウイルス感染」
「システム異常」などのメッセージを表示し、ユーザの不安をあおります。
その際、日本語音声やビープ音も同時に使い警告するサイトもあります。
そしてメッセージには、サポート窓口を称する電話番号も含まれており、
ここに電話をするように仕向けます。

実際に電話をかけると、リモートデスクトップツールをインストールさせ、
調査と称してリモートでいくつかのコマンドを実行しますが、実質的には
何も行っていません。その後、電話の対応者は、問題を解決するために、
「有償サポート契約」を勧めてきます。この「有償サポート契約」こそが最終的な狙いで、
実体を伴わない契約詐欺と思われます。

サポート詐欺は、日本語サイトに加え、日本語を話せる「サポート要員」が
必要なのが特徴です。犯罪者グループ自体はそれほど多くないと思われます。
サイトをホストするサーバの相関関係も合わせて考えると、
2グループほどのサイバー犯罪者が行っていると、トレンドマイクロは推測しています。

正規のサイトやサービスを使っていても、
不正広告やSNS上での書き込み、ダイレクトメッセージなどで、
サポート詐欺サイトに誘導されることはあり得ます。
そのため、誘導先サイトの正当性には、つねに注意する必要があるでしょう。
とくにモバイル端末ではアクセス中のURLが確認しづらいため、より注意が必要です。


引用:https://www.is702.jp/news/2048/